赤りんご

青森県の株式会社原田種苗が「シナノスイート」の実生より選抜育成した品種。2016年に品種登録され、数多くあるりんご品種に加わった期待のルーキー。甘さに個性を持ちながらもサッパリとした後味と食感の良さ歯ざわり、シャクっと噛んで、甘みの個性を楽しみながら飲み込む。大きめのサイズ感と適度な硬さの食感が美味しさをブーストする。そんなりんごが華宝(かほう)。

ほおずりは他の品種よりも強い酸味があり、加工に向いた品種。しかし、酸味がしっかりあるりんごが好きな方からは生食としても好まれる。ケーキ、タルト、アップルパイ、ジュース、シードルなどの商品に生産者がどのような食べ物・飲み物で美味しく楽しんでもらいたいか。また調理、加工でどのような味を作るのか?ほおずりの収穫のタイミングは変わってきます。生食自体は少数ながらも、

掛け合わせは、「ふじ」と「レイ8」。硬い食感の果肉と酸味が強い春明。晩生種でパッと見はふじにそっくり。しかし、見た目とは全く違う特徴を持っています。非常に高い貯蔵性。翌年5月~6月頃まで出荷が可能。3月以降まで貯蔵することで、糖度14~15%程度まで上昇。甘味、酸味、糖度、食感などのバランスが良くなり、収穫時期の11月では酸味の印象が強い春明の印象がガラリと変わ

「ふじ」、「王林」、「世界一」の掛け合わせで生まれた美丘。直売所などでも並ぶ量が少な目で、日によっては当日の完売も早め。酸味が弱めなことから、より甘さを感じやすい味わい収穫してすぐの時期はどうもパッとしない味わい。しかし1月・2月を目処に貯蔵することで、糖度と香りが増し、ジューシーな真価を発揮。濃厚な甘さと「ふじ」と「王林」らしい食感も感じ取れるりんご。

袋がけをしない栽培方法の無袋サンふじは、太陽光をたくさん浴びるため、蜜が濃く、糖度が高めに。袋がけをする栽培方法の有袋ふじは、秋に袋を取り太陽に当て着色することで鮮やかな色合いが特徴。無袋の「サンふじ」、有袋の「ふじ」で国内生産量トップ癖がない甘味、酸味、歯応えのバランスの良さを持っていて、国内生産量だけではなく、世界中で最も生産されているりんごの品種でもあり、

一時期は、生産がなくなる可能性もあった高徳。一昔前では、市場からは見た目の大きさや鮮やか色合いが評価先行されがちで、高徳が持つ魅力、品質の良さが伝わりづらかった。輪切りにして光を当てるとよくわかる高徳の蜜の量。全体に広がる様はまるで万華鏡。やや小ぶりで小玉だからこそいい食べ切りサイズ口に含んだ時に広がる高徳の特徴は、酸味を程よく感じさせながら置いてけぼりにす

TOP