あいかの香り【娘さんへの愛情】

「ふじ」の自然交雑実生から選抜した品種である「あいかの香り」
当初は、漢字4文字(ここでは書きませんが)のお硬いイメージを持つネーミングだったらしいです。

しかし、お硬いイメージを払拭するりんごの味をイメージしたようなどこか青春チックなネーミングに。

甘酸っぱいんだけど、芳醇な甘さと香りで後味爽やか

シャクっと硬めの果肉を噛むと口の中に溢れてくる果汁。糖度14%の甘さと酸味が絡み合う。
サンふじのような「THE・りんご」もいいんだけど、ちょっとフレッシュなりんごも食べてみたいという方に。

関連

最近の記事
おすすめ記事
  1. 華宝(かほう)【食べごたえの塊である大玉品種】

  2. ほおずり【強めの酸味をどう生かすかがポイント】

  3. きみと【濃厚な蜜。甘い果肉がジュワッと】

  4. はるか【名前の由来はお孫さん】

  1. 華宝(かほう)【食べごたえの塊である大玉品種】

  2. ほおずり【強めの酸味をどう生かすかがポイント】

  3. きみと【濃厚な蜜。甘い果肉がジュワッと】

  4. はるか【名前の由来はお孫さん】

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP