高徳【圧巻の蜜の万華鏡】

一時期は、生産がなくなる可能性もあった高徳。
一昔前では、市場からは見た目の大きさや鮮やか色合いが評価先行されがちで、
高徳が持つ魅力、品質の良さが伝わりづらかった。

輪切りにして光を当てるとよくわかる高徳の蜜の量。全体に広がる様はまるで万華鏡。

やや小ぶりで小玉だからこそいい食べ切りサイズ

口に含んだ時に広がる高徳の特徴は、酸味を程よく感じさせながら置いてけぼりにするほどの甘み広がるフルーティー(ジューシーなんだけどフルーティー)。
全体の作りがちっちゃめというのも可愛いじゃありませんか。

少食の方も食べ切れなくて捨てちゃう罪悪感の心配もなし。

関連

最近の記事
おすすめ記事
  1. 華宝(かほう)【食べごたえの塊である大玉品種】

  2. ほおずり【強めの酸味をどう生かすかがポイント】

  3. きみと【濃厚な蜜。甘い果肉がジュワッと】

  4. はるか【名前の由来はお孫さん】

  1. 華宝(かほう)【食べごたえの塊である大玉品種】

  2. ほおずり【強めの酸味をどう生かすかがポイント】

  3. きみと【濃厚な蜜。甘い果肉がジュワッと】

  4. はるか【名前の由来はお孫さん】

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP