印度【弘前で生まれた日本最初のりんご品種】

諸説はいくつかあり、ジョンイング氏の名前、彼の出身地である故郷インディアナ州、そこから持ち込んだ種子。
明治初期の頃に青森県弘前市で印度りんごが生まれたと言われています。

現在では生産している農園も少ない

印度りんごの系譜に連なる品種に「むつ」や「王林」があります。
近年の研究して作られた、品種が持つ美味しさに、印度りんごは敵わないところはありますが
甘みが強く、素朴で良い意味でどこかバランスの欠けた食味は、過去を改めて振り返る、または思いを馳せるりんごと言えるでしょう。

関連

最近の記事
おすすめ記事
  1. 華宝(かほう)【食べごたえの塊である大玉品種】

  2. ほおずり【強めの酸味をどう生かすかがポイント】

  3. きみと【濃厚な蜜。甘い果肉がジュワッと】

  4. はるか【名前の由来はお孫さん】

  1. 華宝(かほう)【食べごたえの塊である大玉品種】

  2. ほおずり【強めの酸味をどう生かすかがポイント】

  3. きみと【濃厚な蜜。甘い果肉がジュワッと】

  4. はるか【名前の由来はお孫さん】

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP