シナノゴールド【食文化が素晴らしいイタリアでライセンス】

「yellow」と「hello」を組み合わせた造語である「yello(イエロー)」の商品名でイタリアでライセンス。
イタリアの一人当たりのりんご消費量は25・7キロ。日本人の5・3キロの約4倍近くあり、マーケットの広さも十分。

甘み、酸味、ちょっと硬めの食感のバランスが◎

甘さが強く、酸味は程よく、噛んだ時に「シャキッ!」とした硬い食感が「美味しいりんご食べてる〜」実感が湧いてくる。そんなりんごがシナノゴールド。

貯蔵性が良く、冷蔵では数カ月も日持ちして美味しさが持続し、鮮やかな黄色は熟している表れ。
甘み、酸味、食感のバランスが揃っている証と言えます。

長野県のりんご三兄弟の三男・三女にあたる。

関連

最近の記事
おすすめ記事
  1. 華宝(かほう)【食べごたえの塊である大玉品種】

  2. ほおずり【強めの酸味をどう生かすかがポイント】

  3. きみと【濃厚な蜜。甘い果肉がジュワッと】

  4. はるか【名前の由来はお孫さん】

  1. 華宝(かほう)【食べごたえの塊である大玉品種】

  2. ほおずり【強めの酸味をどう生かすかがポイント】

  3. きみと【濃厚な蜜。甘い果肉がジュワッと】

  4. はるか【名前の由来はお孫さん】

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP